2013年03月16日

WBC2次ラウンド アメリカ敗退!?


1a44fe7c0cb62e4d3bb287756605696e.png

WBC2次ラウンド2組(マイアミ)が行われ、

アメリカが反撃も及ばずプエルトリコに3-4で敗れ、2次ラウンドで敗退した。

プエルトリコは初の決勝ラウンド進出が決定した。

17のドミニカ共和国対プエルトリコの敗れたチームが2組2位となり、

1組1位の日本と18日の準決勝で対戦する。

アメリカは一回、先発のボーグルソンが、アビレスの右前適時打で先制を許した。

六回、二死一塁で2番手・ペスタノが登板したが、大乱調!!

アビレスに中前打、リオスに四球を与え満塁とすると、

C・リベラに連続四球で押し出し。

続くA・ゴンザレスには左越えの2点適時二塁打を浴び、0-4とリードを広げられた。

一方アメリカ打線は、プエルトリコ先発のN・フィゲロアに六回までわずか2安打1四球と

完全に沈黙。

しかし、七回に2番手・ソトからマウアーの右中間を真っ二つに破る三塁打と

スタントンの左前適時打で1点をなんとか返した。

八回には、ロリンズ、フィリップスの連打で一死一、二塁の好機で、

ブラウンが三塁線を破る適時二塁打。

さらに二死満塁でゾブリストが5番手のカブレラから押し出し四球を選び1点差に迫った!!

しかしホスマーが6番手・ロメロに二ゴロに倒れた。

九回は三者凡退とあっさり終了。

アメリカはもう少しの踏ん張りが出来ず、まさかの2次ラウンドでの敗退。

開催国の姿のない決勝ラウンドになってしまった。



チケットぴあ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ



posted by nob at 20:38| Comment(0) | WBC アメリカ代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO
loading
WBC 侍ジャパン
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。