2013年11月10日

大瀬良 好投 侍ジャパン 台湾に連勝!


無題.png


野球日本代表 侍ジャパンが、台北・新荘球場で9日、

台湾代表と強化試合を行い、4対2で勝利した。


侍ジャパンの先発は、広島の野村祐輔。

野村祐輔は、初回、台湾代表の北海道日本ハム・陽岱鋼に

いきなり先制ソロホーマーを打たれるが、

2回、侍ジャパン西武・秋山翔吾、横浜DeNAの梶谷隆幸らの適時打など

5連打で、一挙4得点を挙げ逆転する。

投げては野村祐輔の後を、今秋のドラフトで広島から1位指名された

九州共立大・大瀬良大地が、2番手で5回から登板。

最速153キロをマークするなど、2回0封。

6回には2死一、三塁で4番・陳俊秀を迎えたが、

フルカウントから外角低めのカットボールで空振り三振に仕留めた。

3番手は、最年少19歳の阪神・松田遼馬、4番手NTT東日本の高木伴、

高木伴は8回に1点を失う。

最後はルーキーの千葉ロッテ・松永昂大が9回に登板。

一打同点の2死満塁とされたが、何とか逃げ切った。

プロアマ融合の継投で逃げ切り2連勝した。


侍ジャパンは3連勝を懸け、本日10日も台湾代表と対戦する。


日本代表スターティングメンバー
1 右 中村 晃 ソフトバンク
2 二 菊池涼介 広島
3 三 銀  次 楽天
4 左 中田 翔 日本ハム
5 一 浅村栄斗 西武
6 DH 平田良介 中日
7 中 秋山翔吾 西武
8 捕 伊藤 光 オリックス
9 遊 梶谷隆幸 DeNA

投手 野村祐輔 広島
大瀬良大地 九州共立大
松田遼馬 阪神
高木 伴 NTT東日本
松永昂大 ロッテ
勝利投手:大瀬良大地 セーブ:松永昂大


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ






posted by nob at 08:33| Comment(0) | 侍ジャパン 強化試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
SEO
loading
WBC 侍ジャパン
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。