2012年09月06日

WBC監督は誰か?選考は王貞治に一任され月内決定!!




先日、一転して第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への

参加することを発表した日本野球機構(NPB)だが、

問題視されている監督選びについて、

加藤コミッショナーは、監督の選考を王氏に一任したことを発表した。


日本代表監督人事は7月のオーナー会議で、

加藤コミッショナーに一任されていたが、

第1回WBC大会で日本を世界一に導いき、

王貞治コミッショナー特別顧問を兼任している

王貞治ソフトバンク球団会長しかいないとの判断のようだ。


「王さんにはWBCの顧問を続けてやっていただいている。

王さんのようなプロフェッショナリズムを持った、

そういう人たちの意見を尊重した方がいい」

「監督選考は今月中にはなんとかしたい。

時間がそんなにないという認識は持っている。

勝てるチームという切り口から選んでいきたい」


監督候補には当初、前中日監督の落合博満が有力視されていた。

昨年まで現役だったことで代表候補の選手も把握している。

WBCの日本ラウンドを主催する読売新聞グループの辺恒も、

「落合君しかいない」と発言してるとか。

しかし、落合は監督就任に難色を示している。

このため候補者は現役監督、監督経験者を含めて考えている。

現役では今年3月に東日本大震災復興支援試合・台湾戦で

日本代表を率いたソフトバンク・秋山幸二、

経験者では2008年北京五輪でヘッドコーチを務めた

山本浩二らの名が挙がっているようだ。


ただ、現役監督は大変だという声もあり、なによりも勝てるチーム

現場でのつながりや感覚がフレッシュな者。

現場から長期間離れている経験者の起用は問題あり。

前大会時もそうであったが、いざ人選するとなると

駒の少なさを感じる。

また各球団・選手が、リーグ戦と国際試合との併参加の経験が無い

ので対応が出来ない。

しかし、球団が出来なくて当然、球会自体にないのだから、

それゆえのWBCなのだろうから、収益の件はあるだろうけど

開催出来てよかったと思う。

リーグ戦の視聴率が一桁、平日の地上波での放送が無い

人気低迷した今のプロ野球…。

国際大会のWBCで盛り上げなきゃいかんでしょう!

だからしっかり監督選んで優勝しないと!


11月にはキューバとの親善試合が組まれている。

代表監督がコーチならびに選手の選考も行うため、

早急に監督を決める必要がある。

がんばれ日本!!







posted by nob at 00:59| Comment(0) | WBC 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO
loading
WBC 侍ジャパン
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。